ドルの両替のポイント

ドルの両替といえば、今後、ドルは円に対して上がっていくか、それとも下がっていくかというところが、気になるところになります。ドル円が変動する原因には様々なものがあります。例えば、日本の経済情勢が良くなり、経常収支や貿易収支が大きく黒字になっていけば、円高ドル安になっていきますので、ドルの両替は慎重にすべきですし、その逆であるならば、円安ドル高になっていきます。それとは、別にアメリカの経済情勢が良くなっていけば、円安ドル高になっていきますし、その逆なら、円高ドル安になっていきます。しかし、一番、重要なことは、金融政策の違いが、最終的に決まってしまいます。つまり、アメリカが金融緩和を強化していき、日本があまり金融緩和をしないようであるならば、確実に円高ドル安になります。最近でいうと、3年前は、この状態にありました。そして今はというと、日本は金融緩和をしていき、アメリカは金融引き締めの方向なので、円安ドル高の方向にありますので、ドルの両替はして大丈夫な時期になります。



円をドルに両替するときの手数料を無料に



海外旅行に行く際、行き先の国の通貨が必要になります。今はどこの国でもクレジットカードを使えるお店が沢山ありますが、ちょっとした買い物やサービスの支払いをしたいときに、その国のお金があるととても便利です。例えば、アメリカへ旅行したいとき、日本円から米ドルへの両替が必要になります。空港の外貨両替カウンターを利用するのが、一番手っ取り早い方法ではあるのですが、手数料が結構かかってしまいます。これを無料にする方法があります。それはFX口座を開設して、「現受け手続き」というものを行う方法です。なんとこれで手数料がタダになります。ただし、この時に使用する銀行口座によっては、リフティングチャージという費用がかかってしまう恐れがあるので、リフティングチャージが無料の銀行を選んで利用しましょう。これで、海外旅行の出費を節約することが出来ます。



今のうちにドルを円に両替しよう



海外旅行に行ったり、投資の一環で外貨を持つ方がいます。外貨の中でどの通貨を選ぶかというと、それは一番メジャーなドルになっています。そこで、2015年も半分を過ぎ、ドル円は120円を突破しています。堅実な方はこのへんで両替しておくことを考えるべきです。2011年の70円代から上昇していますが、まだまだ円安になるという意見もありますが、一度下り坂になる可能性があります。日本経済も決して良い状態ではないし、中国の株バブルも崩壊しそうな雰囲気があり、また100円を割る時代が来てもおかしくありません。一攫千金を狙うギャンブラーでないならば、一度両替しておくべきです。下がり出したら一気に行くので、レンジに入っている今が良い選択になるかと思われます。為替は本当に難しいので、未来のことは誰にも分かりません。ただ、少しでも利益を得たいのであれば、今がチャンスだと言うことです。

Copyright © 2016
ドル両替ナビ All rights reserved.